5教科受験は、滑り止めを受験する必要性が少ない。

3教科受験では、倍率が高いので、第一志望から、第6志望までと、志望校を多く受験する必要があります。

倍率6倍のところを6校受けて、1校合格するというのが、単純計算です。

そこで、対策をしていくことで、自分にとっての倍率を2倍くらいに近づけていくイメージです。

3教科受験のところを、1校だけ受けます」というのは、お勧めできません。

紛れが生じる可能性が高いので、やってはいけません。

逆に、「5教科受験の公立高校一本です」というのは、やっても大丈夫です。

滑り止めを受けるための対策をするよりも、過去問を20年分、40年分としていった方が、紛れも少なくなりますし、合格率は上がります。

知らない問題が出たとしても、他の教科で逆転することもできますので、安心です。

基礎問題ばかりが出題されるので、対策も立てやすいです。

そう考えると、5教科受験は、メリットは大きいと考えられます。

 

滑り止め対策の時間を削って、第一志望対策だけをすることができますし、5教科なので、紛れも少なくなります。

公立校であれば、過去20年以上の過去問や模擬試験などがありますので、慣れるための問題も出揃っています。

「確実に受かりたい」「一校だけ受けて、受験費用も安く済ませたい」というのであれば、5教科受験は、とてもおすすめなのです。

 

5教科受験にするか、3教科受験にするか、考える。

高校受験では、公立を選ぶ場合は、5教科受験。

私立の場合は、英語・国語・数学の3教科受験になります。

 

特徴は、5教科受験の場合は、過去問も20年分くらいあるので、対策も立てやすく、学校で勉強したことが、そのまま入試に出ることも多いです。

「5教科よりも、3教科の方が、教科数が少ない分だけ楽なのではないか」と考える人がいるのですが、同じことを考える人が3教科受験に流れると考えてください。

なので、どちらがいいではなく、どちらを選んでも正解ということになります。

 

5教科の場合は、試験が基礎問題ばかりの場合が多く、その分だけ、高得点を取ることが必要になってきます。

問題が簡単なわけですから、合格最低点は上がります。

基礎問題が得意で、応用問題が苦手ならば、5教科受験に向いていることになります。

 

逆に、難しい問題が得意だという場合は、3教科受験の方が、差をつけやすいです。

多くの人が解けない問題を解くことで、差をつけることができます。

1+1=2 という問題が出題されて、配点が100点満点中100点の試験が出たら、小学生でも、東大生でも、アインシュタインでも、同じ得点しか取れません。

「勉強が苦手なんです」という人ほど、5教科受験に向いています。

最悪なのは、「勉強が苦手なので、5教科ではなく3教科にしよう」という選択をする人がいることです。

これは、やってはいけません。

勉強が苦手なら5教科受験、勉強が得意なら3教科受験の方が、向いているのです。