早稲田は、試験結果を教えてくれるって本当!?

通常、大学入試の結果は、大学は教えてくれません。

そんな中、早稲田大学は、聞けば教えてくれるらしいという情報が、私の受験時代に流れました。

浪人が決定したときに、早稲田に請求してみたところ、

早稲田大学政治経済学部・・・13点合格点に足りな買った。

法学部・・・6点足りなかった。

商学部・・・3点足りなかった。

 

という結果が返ってきました。

 

本当に、結果を教えてもらえたことに、驚きだったことが1点。

商学部で3点差で落ちていたので、各教科で1点づつ上積みがあれば受かっていて、浪人することもなかったことがわかりました。

とはいえ、浪人して慶応に入ったおかげで、多くの人との出会いがあり、今の自分があるので、良かったのではありますが・・・

 

この制度は、25年前には、存在していた制度です。

もし、今もあるのであれば、早稲田はとても良心的です。

結果がわかれば、「あと1年でどのくらい努力をすればいいのか」がわかります。

 

ちなみに、私は本番に弱すぎるという、勝負弱い性格がずっとありました。

高校3年の早稲田模試では、政治経済志望者の中で17位、法学部志望者の中で6位という成績をとっていたにもかかわらず、本番では落ちています。

なんにせよ、テストの点数が返ってくるのは、早稲田のとても良心的なところなのです。

記念受験に一番いいのが、早稲田大学だ。

私の友人で、早稲田の政治経済学部、明治大学、専修大学、駒澤大学を受けて、早稲田の政治経済学部だけに合格して、他は全て落ちたという人がいました。

彼は、偏差値40で、浪人覚悟で、記念受験をしました。

偶然、早稲田の政治経済学部の問題が、難問だらけでほとんどの人が解けなかったらしく、カンで答えを書いたものが当たり、合格したというわけです。

 

記念受験で東大を受けるという人がいますが、全く意味がありません。

実力で決まる要素が強いのが、東大の試験だからです。

慶応の試験も、実力で決まる要素は、東大ほどではありませんが、高いです。

 

一方、早稲田は、どれだけ対策をしても、本番の運の要素が強いです。

過去問を調べても、特に国語に関しては、赤本では3が正解で、青本では2が正解になっていることもあります。

それが、早稲田の問題の特徴です。

 

記念受験をするなら、早稲田です。

あなたの成績が悪くても、偶然に受かる要素が高いのが早稲田だからです。

 

きちんと傾向と対策を練れば受かるのが慶応で、傾向と対策をどれだけ練ろうが、当日の運次第なのが、早稲田の試験なのです。

早稲田と東大を併願する人は、少ない。

早稲田の問題は、選択式が多いです。

記述式が得意な人は、選択式だと、「選択肢ではなくても答えられたのに」「漢字で書けと言われても書けたのに」ということになりますので、もったいないです。

逆に、漢字が苦手だ、選択肢に強いが記述式には弱いという学生には、早稲田の問題は向いています。

早稲田の試験は、紛れが多い試験です。

たまたまその年の入試問題が簡単になることがあったり、誰も解けない問題ばかりになったりすることもあります。

運の要素が強いのが、早稲田です。

 

選択肢の問題が多く、難問が多い場合には、偏差値が高い生徒も、偏差値が低い生徒も、運の要素が強くなります。

競馬で、大雨が降って、地面がぐちゃぐちゃになると、馬の能力の差がなくなり、どの馬が勝つかがわからなくなり、大穴が出ることが多くなります。

それと同じ状態が、早稲田の試験では起きやすいです。

 

なので、東大受験者から敬遠されるのが、早稲田です。

慶応は、実力があれば受かりますので、紛れが少ないので、東大と慶応を併願する人のが、東大受験者の中では、当たり前になっているのです。