鉄緑会の講師の時給は、八千円だ。

鉄緑会は、講師も全員、東大生です。

東大文Ⅰか、東大理Ⅲの現役学生です。

私が通っていた25年前から、同じです。

今はさらに、鉄緑会出身者で、東大模試の時点で全国トップ10に入っているくらいの人しか、講師ができないようになっているようです。

(私の弟は、鉄緑会出身で、鉄緑会の講師をしていた時期がありますが、(25年前)全国模試でトップ10に入ったことがあるため、採用されました)

 

時給は8000円というのが、まことしやかに言われている、鉄緑会講師の時給です。(今は、変わっているかもしれませんが)

 

鉄緑会に通っている中で、さらに東大模試でトップクラスになると、合格した後に鉄緑会の講師にならないかと、高校生のうちから、誘われるそうです。

合格していないにもかかわらず、合格確実なので、お声がかかるわけです。

 

こういう人と、本番の東大受験では戦わなければいけないのですから、大変です。

鉄緑会の中でも、将来の講師候補は、とんでもない実力の持ち主です。

どうしたら、勝てるのか? いや、勝つ必要はそもそもないのか。

戦略を考えるときに、一番強いライバルの存在を考えることは、とても大切なのです。