1分間数学勉強法

1問1秒で解く、数学とは?

「1分間勉強法は、数学には応用できるのですか?」

という方がいますが、もちろん、応用可能です。

最終的には、1問1秒で復習できるようになるのが目標です。

どうやってやるのかというと、カラーマジックシートのように、
4分割をします。

左上に問題をコピーして貼付けます。

そして、左下に初動を書きます。

右上の黄色いところにポイントを。

右下に、途中式や解答をコピーして貼り付けます。

そして、問題、初動、ポイント、解答を、1秒で眺めます。

これに、4秒かかります。

そして、なれてくると、視線を左上から右下にしながら、
自動的に、初動とポイントが目に入るように訓練します。

すると、1問1秒という境地が達成できるのです。

「1問1秒なんて、無理だ」とはじめからあきらめてはいませんか?

そういう人に問いたいのですが、

「あなたは、同じ問題を100回以上復習したことがありますか?」

おそらく、ないはずです。

たとえ数学でも、同じ問題を100回復習すれば、
1問1秒で復習できるようになるのです。

あなたは今、1分間数学をマスターして、1問1秒になるか?

それとも、自分のやり方にしがみついて、数学が苦手のまま
終わるのか?

の分かれ道に立っています。

是非、1分間数学の世界に、来てみてくださいね。

数学は初動がすべて!

1分間数学の独自のコンセプトとして、「初動」というものがあります。

初動とは、問題を見た瞬間、何をすべきか?

ということです。

これが、ゼロ秒で思いつくかどうか? が数学が得意になるかどうかの
キーポイントです。

天才は、問題を見た瞬間、解答の仕方を思いつきます。

だとしたら、天才と同じ思考プロセスが当たり前になれば、
あなたも天才と同じになれると思いませんか?

この初動数学こそが、あなたが天才になる近道なのです。

1分間数学は、今後、どんどんシリーズ化していきます。

現在、『1分間数学Ⅰ・A180』(水王舎)が出版されています。

今後は、『1分間数学Ⅱ・B180』や、
小学生向けに、1分間算数小学6年、小学5年などを出版していく
予定です。

あなたが高校数学でつまづいたとしたら、その理由は、
中学数学が完璧ではないからです。

もし、中学数学ができないのであれば、小学校の算数ができていない
からです。

数学は、さかのぼって勉強することが大切です。

石井自身、浪人してから数学の勉強を始めたのですが、
中学1年の数学から復習しました。

いずれ、どんどん1分間数学シリーズを出していければと考えています。

本当に頭がよくなる 1分間勉強法
(株)ココロ・シンデレラ 渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティー ウェスト 22F 
 © 2017 KokoroCinderella All rights reserved.